こんな事故はどうなるの?

見積もり依頼スタート
事故例1事故例2

事故例1・車道における自動二輪車と歩行者の事故

概要

事故例1 概要図 昭和59年大阪府東大阪市にて、時速約40kmで運転していた自動二輪車(被告)が、走行中に道路に進入してきた歩行者(原告)に衝突し、入院加療273日間を要する脳挫傷、左脛骨骨折、肋骨骨折等、後遺症害を含む傷害を負わせた。被害者となった歩行者(原告)は酩酊状態だった。しかし、過失割合は自動二輪車が6、歩行者が4という自動二輪車にとって厳しいものとなった。

解説

自動二輪車は、右前方駐車場から対向車線上へ左折しようとしている車両に気をとられて前方を注視しないで進行し、注意を怠って事故につながりました。
確かに、もっと注視しておれば早期に歩行者を発見して事故を回避できたかもしれません。
しかし、歩行者は現場付近に信号機の設置された横断歩道があるにもかかわらず、酔っ払った状態で道幅約9メートルもある道路を渡ろうとしました。

以上の状況から判断すると、歩行者の側にも非があるように思えますよね。
しかしこの場合、自動二輪車側に多く過失が認められたのです。バイクで事故を起こした場合、それより弱者の立場にあたる歩行者や二輪車を相手にすると、バイク側に過失が大きく認められます。もし歩行者をはねて死亡させてしまった場合など、保険に入っていなかったら一生かけても払いきれないような賠償金を請求されて、人生を棒に振ってしまうことになりかねないのです。

バイク保険の一括見積もり&インターネット申込み!
任意保険 見積もりを
一括で取り寄せ
一括見積もり[無料]
保険証券をご用意ください。(ご加入中の場合)
インターネット申込み
チューリッヒ【PR】チューリッヒ

【インターネット申込みについてのご注意】

  • ※株式会社損害保険見直し本舗は、当サイトでご紹介する保険会社各社と損害保険代理店委託契約を締結しており、当サイト上では、保険契約の媒介または保険契約締結の代理を行います。
  • ※保険期間始期日(満期日)の前日まで、申込みいただけます。
  • ※法人契約、自賠責保険未加入、営業用の場合など、お客様の条件や保険会社によってはインターネット申込みできない場合がございます。
    詳細は、保険会社または保険取扱代理店のページからご確認ください。