任意のバイク保険とは?

見積もり依頼スタート
任意加入のバイク保険人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険

人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険

「人身傷害補償保険」と「搭乗者傷害保険」は、どちらも事故により乗車中の人が死傷した場合に補償される、自分のための保険です。バイク保険加入時に付けたり、外したりすることができます(保険会社によっては最初からセットされているところもあります)。
両方に加入していれば、それぞれから保険金が支払われますが、補償内容の違いを知っておけば保険料の節約につながります。

両者の違いは「実損額」か、それとも「定額」で支払われるか

「人身傷害補償保険」は実際にかかった治療費などの損害額、つまり「実損額」に対して、契約金額を限度に保険金が支払われます。
それに対して「搭乗者傷害保険」は実際の治療費などに関係なく、契約時に決めた「定額」で保険金が支払われます。

【ケーススタディ】
バイク乗車中に交差点で車と衝突。自分もケガをしてしまった。
ケガによる損害額
ケガの治療費 40万円
休業損害 20万円
精神的損害 40万円
合計 100万円
責任(過失)割合(※1):自分70%、相手30%

人身傷害保険も搭乗者傷害保険も付帯していない場合
受け取り保険金 30万円(※2)
(100万円×30% 相手からの賠償金)
人身傷害保険を付帯している場合
受け取り保険金 100万円(※2)
(過失相殺を適用せずに補償されます)
搭乗者傷害保険を付帯している場合
<部位・症状別払>
ケガの部位と症状によって保険金が支払われます。
(例)
手足の打撲 5万円(※2)
腕の骨折 35万円(※2)
足の切断 100万円(※2)
(5日未満の治療の場合は一律1万円)
<日数払>
入院や通院の日数に応じて保険金が支払われます。
(例)通院日額1万円で契約し、通院実日数が10日間だった場合

1万円×10日間=10万円

※1 交通事故において、加害者、被害者双方に不注意があったのに、加害者がすべての賠償責任を負担するのでは公平とは言えません。そこで、被害者側にも注意義務を怠っていたなどの責任がある場合には、その責任(過失)割合によって損害を公平に分担させるため、相当分を損害額より指し引いて賠償することがあります。これを「過失相殺」と言います。交差点などでの車同士の事故の場合、双方の前方不注意などが認められ、多くのケースで「過失相殺」が行われています。それぞれに要求される注意義務を怠っていなかったかどうかを道路交通法に定められている優先関係や事故の状況などから双方の責任(過失)の妥当な割合が決められます。これを「過失割合」と言います。
※2 お支払い金額などは、各保険会社の基準によって異なります。
バイク保険の一括見積もり&インターネット申込み!
任意保険 見積もりを
一括で取り寄せ
一括見積もり[無料]
保険証券をご用意ください。(ご加入中の場合)
インターネット申込み
チューリッヒ【PR】チューリッヒ

【インターネット申込みについてのご注意】

  • ※株式会社損害保険見直し本舗は、当サイトでご紹介する保険会社各社と損害保険代理店委託契約を締結しており、当サイト上では、保険契約の媒介または保険契約締結の代理を行います。
  • ※保険期間始期日(満期日)の前日まで、申込みいただけます。
  • ※法人契約、自賠責保険未加入、営業用の場合など、お客様の条件や保険会社によってはインターネット申込みできない場合がございます。
    詳細は、保険会社または保険取扱代理店のページからご確認ください。